マンションでも太陽光発電してほしい

現在、分譲マンションに住んでいる。
購入して5年目で、今まで、不便と思う事は無かった。

しかし、東日本大震災以来、マンション全体を節電しているのだ。

戸建では無いから、節電する箇所を自分で選ぶ事はできない。

理事会などで、節電を提案され、多数決で決まれば従うしかないのだ。
それにしても、戸建よりも窓の数も少なく、エントランスから奥まった所にあるマンションの各家の玄関はとても暗い。

全国的に節電の傾向なので、仕方ないと思うのだが、暗いとガラスの仕切りが多いマンションはやはり危険なのである。

時々、戸建の家で、太陽光発電らしき黒いパネルが屋根の部分に取り付けられているのを見かけるが、マンションでの太陽光発電はあまり耳にしない。マンションは部屋数に対して、屋根の面積が少ない為に、今まで太陽光発電の利点を感じなかったのかもしれない。

太陽光発電で、マンションの全て世帯の使用電力を賄えるとは思っていない。

しかし、マンションは、停電になれば、エレベーターも動かず、水道も使えないのである。


その様な、場所だけ太陽光発電で賄う事はできないのであろうか。太陽光発電の設備には取り付けもメンテナンスもお金がかかるのかも知れないが、物は考えようである。

部屋数や世帯数に対して、屋根の面積が少ないならば、各世帯で太陽光発電の為に負担する金額も少なくて住むのではないだろうか。

それによって、非常時でも最低限の電気が確保できるのならば、私は喜んで費用を負担したい。

計画停電が実施されるかどうかで、毎日エレベーターを使わず、思い荷物を持って薄暗い階段を昇り降りしたり、バケツや衣装ケースに水を汲み置きするのはとても大変だった。


いくら設備が良いマンションでも電気が止まってしまったら、不便この上ないのだ。


分譲でも賃貸でもこの様な経験をした人は多いと思う。
今後新しく建設されるマンションには太陽光発電の設備が付いたマンションが増えるのではないだろうか。

http://www.kogakuin.ac.jp/faculty/department/informatics/1j2/
http://www.teu.ac.jp/gakubu/cs/
http://www.jcssa.or.jp/

太陽光発電の投資に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

人気のある太陽光発電の仲介情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

PV施工技術者選びをお手伝いします。

太陽光発電のお役立ちコンテンツ満載です。

本当に役に立つ太陽光発電の講習関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。